Invitation

招待状 ミモザ

 

キット内容

手作りキットはお客様自身で印刷して完成させるキットです。
まずは下記内容物が揃っているか確認しましょう。

お客様ご自身で印刷が必要なもの
必要_本状.png

本状

必要_返信はがき.png

返信はがき

(切手は別途購入)

必要_ふせん.png

ふせん

必要_封筒.png

封筒

印刷の必要がないもの
不要_花束_新帯

ミモザ帯

(1袋10枚)

不要_封緘シール.png

封かんシール※

(1シートに10枚)

不要_カバー.png

カバー

※「封筒なしセット」は「封筒」「封かんシール」が同封されていません。

 

完成までの流れ

内容物が確認できたら完成までの流れを把握しましょう。

PCとプリンターをご用意ください


PCで印刷テンプレートから、各種テンプレートをダウンロード
Microsoft Wordを活用して本状・ふせん・返信はがき・(封筒)を作成


完成データをプリンターで印刷


招待状セット作業(招待状・ふせん・返信はがきを封入・切手を貼るなど)

詳しくはセット方法をご覧ください


投函

 

印刷テンプレート

下記テンプレートをダウンロードして招待状を作成しましょう。

​※テンプレートはdocx.形式になります。Microsoft Word がインストールされた端末でご利用ください。

< 招待状 本状 表紙 >

本状:表紙

​POINT

新郎新婦の名前・挙式日を入力しましょう。

< 招待状 本状 >

本状:差出人 新郎新婦

本状:差出人 新郎新婦・両親の連名

本状:差出人 両親・新郎新婦の連名

本状:会費制

​POINT

招待状本状の主催者となる方を差出人として、封筒の裏に名前を表記します。昔は両家の親の連名で出すのが一般的でしたが、最近では新郎新婦の名前や、新郎新婦の名前と両家の親の連名で出すことも増えています。差出人を誰にするかは、両家の親と相談して決めましょう。 

※新型コロナウイルスによる状況下の場合の

  文例もご用意しております

< ふせん >

ふせん

​POINT

受付、祝辞、親族紹介など特定のゲストに同封する付箋は、必ず事前に口頭や電話で依頼をしておくのがマナーです。

< 返信はがき 宛名面 >

返信はがき:宛名面

返信はがき 出欠面 >

返信はがき:ベーシック

返信はがき:アレルギー確認あり

返信はがき:二次会ヒアリング

​POINT

出欠席の返事をもらうためのものです。慶事用の63円切手を貼って同封します。貼り忘れには注意しましょう。

封筒 差出人面

封筒:差出人面

封筒 宛名面 >

封筒:宛名1名

封筒:宛名2名

封筒:宛名3名

​POINT

慶事用の94円切手を貼りましょう。

※重さ50g以上の場合、切手の金額が変わります。

 

セット方法

お客様自身でセッティングが必要な商品です。

​下記の手順でご準備いただきます。

本状とカバーを2つ折りにします

Step.01

手順_招待状ミモザ_191108_スターチス手順01-1.png
手順_招待状ミモザ_191108_スターチス手順01-4.png

Step.02

帯をつけます

手順_招待状ミモザ_191108_スターチス手順02-1.png
手順_招待状ミモザ_191108_スターチス手順02-2.png

Step.03

封筒に入れ、封をして完成です

ふせんや地図を入れる際は、返信はがきの前後に入れます。

※手渡しの場合は、逆向き(封筒の裏側に招待状の表紙を合わせる)で封入することもございます。

手順_招待状ミモザ_191108_スターチス手順04-1.png

招待状 ミモザ セット方法

 

DIYアイディア

こちらの商品に合わせたDIYアイディアをご紹介します。

ふせんDIY

用意するもの

ふせん リボン ハトメパンチ

ハトメ ●トレーシングペーパー

トレーシングペーパーをふせんの大きさにカット
ふせんとトレーシングペーパーをハトメパンチで留める
リボンをハトメの穴に通して結べば完成

ナチュラル感のあるクラフト封筒とのコーディーネートがおすすめです♪